>小部経典

8 テーラガーター

第二の章

1.11. チューラ・ヴァッチャ長老の詩偈

覚者(ブッダ)によって知らされた法(教え)において、歓喜多き比丘は、寂静の境処に到達するであろう――形成〔作用〕(行:生の輪廻を施設し造作する働き)の寂止という、安楽〔の境地〕に。ということで――

 ……チューラ・ヴァッチャ長老は……。