>小部経典

8 テーラガーター

1.12. マハー・ヴァッチャ長老の詩偈

知慧の力あり、戒と掟を具有し、〔心が〕定められ、瞑想(禅・静慮:禅定の境地)に喜びある、気づき(念)の者は、〔まさに〕その、義(道理)にかなう〔正しい量の〕食を、〔常に〕食しつつ、この〔世において〕、貪り〔の思い〕を離れ、〔死の〕時を待つであろう。ということで――

 ……マハー・ヴァッチャ長老は……。