>小部経典

8 テーラガーター

1.17. ダーサカ長老の詩偈

惰眠の者として、さらには、大飯食いの者として、〔世に〕有るとき、眠りこけては、ごろ寝をする者となる。餌で養われた大豚のように、愚か者は、繰り返し、〔母〕胎へと近づき行く。ということで――

 ……ダーサカ長老は……。