>小部経典

8 テーラガーター

1.43. スマンガラ長老の詩偈

善く解き放たれた者として、善く解き放たれた者として、善きかな、三つの曲がったものから善く解き放たれた者として、〔わたしは〕存している。諸々の鎌は、わたしによって存していた。諸々の鋤“すき”は、わたしによって存していた。諸々の小さい鍬“くわ”は、わたしによって存していた。

 もしくは、また、まさしく、ここに、〔それらがあるとして〕、まさしく、ここに、〔それらがあるとして〕、しかして、あるいは、また、〔それらがないとして〕、もう、十分だ、もう、十分だ。スマンガラ(人名)よ、瞑想せよ。スマンガラよ、瞑想せよ。スマンガラよ、〔気づきを〕怠らない者として、〔世に〕住め。ということで――

 ……スマンガラ長老は……。