>小部経典

8 テーラガーター

1.58. ラマニーヤ・クティカ長老の詩偈

わたしの小屋は、喜ぶべきものである。信によって与えられるべきもの、意“こころ”が喜びとするものである。わたしには、少女たちに義(利益)はない(わたしは、女性を目的とする者ではない)。彼ら(在家者たち)には、義(利益)がある。女たちよ、そこへと行け。ということで――

 ……ラマニーヤ・クティカ長老は……。