>小部経典

8 テーラガーター

第五の章

2.41. クマーラ・カッサパ長老の詩偈

ああ、覚者たちよ、ああ、諸々の法(教え)よ、ああ、わたしたちの教師(ブッダ)の〔円満〕成就たることよ。そこにおいて、〔覚者の〕弟子は、このような法(性質)を実証するであろう。

数えられるべくもない諸々のカッパ(劫:時間の単位・無限大の時間)において、身体を有する〔生存のあり方〕(有身)への諸々の到達が有った(幾多の輪廻を経験し、迷いの生存を繰り返してきた)。それらのなかでは、これは、最後のものである。これは、最後の積身“からだ”である。生と死の輪廻は〔存在しない〕。今や、さらなる〔迷いの〕生存は存在しない。ということで――

 ……クマーラ・カッサパ長老は……。