小部経典

3:ウダーナ

3.2. ナンダの経(22)

 このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、サーヴァッティに住しておられます。ジェータ林のアナータピンディカ〔長者〕の園地において。さて、まさに、その時、世尊とは兄弟(異母弟)でもあれば叔母の子(従兄弟)でもある尊者ナンダが、大勢の比丘たちに、このように告げます。「友よ、わたしは、喜ぶことなく、梵行(禁欲清浄行)を歩んでいます。梵行を保つことができないのです。学びを拒んで、下劣なところへと逆戻りすることになるでしょう(戒を捨てて還俗します)」と。

 そこで、まさに、或るひとりの比丘が、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、その比丘は、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、世尊とは兄弟でもあれば叔母の子でもある尊者ナンダが、大勢の比丘たちに、このように告げます。『友よ、わたしは、喜ぶことなく、梵行を歩んでいます。梵行を保つことができないのです。学びを拒んで、下劣なところへと逆戻りすることになるでしょう』」と。

 そこで、まさに、世尊は、或るひとりの比丘に語りかけました。「比丘よ、さあ、あなたは、わたしの言葉でもって、ナンダ比丘に語りかけなさい。『友よ、ナンダよ、教師が、あなたに語りかけます(あなたを呼んでいます)』」と。「尊き方よ、わかりました」と、まさに、その比丘は、世尊に答えて、尊者ナンダのいるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、尊者ナンダに、こう言いました。「友よ、ナンダよ、教師が、あなたに語りかけます」と。

 「友よ、わかりました」と、まさに、尊者ナンダは、その比丘に答えて、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、尊者ナンダに、世尊は、こう言いました。

 「ナンダよ、本当に、たしかに、あなたは、大勢の比丘たちに、このように告げたのですか。『友よ、わたしは、喜ぶことなく、梵行を歩んでいます。梵行を保つことができないのです。学びを拒んで、下劣なところへと逆戻りすることになるでしょう』」と。「尊き方よ、そのとおりです」と。

 「ナンダよ、では、どうして、あなたは、喜ぶことなく、梵行を歩んでいるのですか。梵行を保つことができないのですか。学びを拒んで、下劣なところへと逆戻りすることになるのですか」と。「尊き方よ、わたしが家を出るとき、釈迦〔族〕のジャナパダカルヤーニー(尊者ナンダの許嫁で釈迦族一の美人)が、半分に梳いた髪で振り返って、わたしに、こう言いまいた。『旦那さま、まさに、早く帰ってこられますように』と。尊き方よ、まさに、それで、わたしは、彼女のことを思い浮かべながら、喜ぶことなく、梵行を歩んでいます。梵行を保つことができないのです。学びを拒んで、下劣なところへと逆戻りすることになるでしょう」と。

 そこで、まさに、世尊は、尊者ナンダの腕を掴んで、それは、たとえば、また、まさに、力のある人が、あるいは、曲げた腕を伸ばすかのように、あるいは、伸ばした腕を曲げるかのように、まさしく、このように、ジェータ林から消没し、三十三天に出現しました。

 さて、まさに、その時、五百ばかりの仙女たちが、天〔の神々〕たちの長である帝釈〔天〕の奉仕にやってきたのです。カクタパーダ(鳩の足)〔という名の仙女〕たちです。そこで、まさに、世尊は、尊者ナンダに語りかけました。「ナンダよ、あなたは、これらの五百の仙女カクタパーダたちが見えないのですか」と。「尊き方よ、このとおりです(見えます)」と。

 「ナンダよ、それを、どう思いますか。いったい、まさに、どちらの者が、あるいは、より形姿麗しき者であり、あるいは、より見られるべき者であり、あるいは、より清らかな者でしょうか――あるいは、〔それは〕釈迦〔族〕のジャナパダカルヤーニーでしょうか、あるいは、〔それは〕これらの五百の仙女カクタパーダたちでしょうか」と。「尊き方よ、それは、たとえば、また、耳鼻を切断され〔手足を〕損傷した雌猿のように、尊き方よ、まさしく、このように、まさに、釈迦〔族〕のジャナパダカルヤーニーは、これらの五百の仙女たちと比べて、数にもまたならず、十六分の一にもまたならず、比較にもまたなりません。ですから、まさに、これらの五百の仙女たちが、まさしく、より形姿麗しき者たちでもあれば、より見られるべき者たちでもあり、より清らかな者たちでもあります」と。

 「ナンダよ、喜びなさい。ナンダよ、喜びなさい。わたしは、あなたのために、五百の仙女カクダパーダたちを獲得するための保証人になります」と。「尊き方よ、それでは、もし、わたしのために、世尊が、五百の仙女カクダパーダたちを獲得するための保証人になっていただけるなら、尊き方よ、わたしは、世尊のもとで梵行を喜びます(修行に励みます)」と。

 そこで、まさに、世尊は、尊者ナンダの腕を掴んで、それは、たとえば、また、まさに、力のある人が、あるいは、曲げた腕を伸ばすかのように、あるいは、伸ばした腕を曲げるかのように、まさしく、このように、三十三天から消没し、ジェータ林に出現しました。

 まさに、比丘たちは、「世尊とは兄弟でもあれば叔母の子でもある尊者ナンダが、どうやら、仙女たちを因として、梵行を歩むらしい。世尊が、どうやら、彼のために、五百の仙女カクダパーダを獲得するための保証人になるらしい」と耳にしました。

 そこで、まさに、尊者ナンダの仲間の比丘たちは、尊者ナンダのことを、「雇われ人」という言葉やら「商売人」という言葉やらで呼び慣わします。「尊者ナンダは、どうやら、雇われ人らしい。尊者ナンダは、どうやら、商売人らしい。仙女たちを因として、梵行を歩むらしい。世尊は、どうやら、彼のために、五百の仙女カクダパーダを獲得するための保証人になるらしい」と。

 そこで、まさに、尊者ナンダは、仲間の比丘たちの「雇われ人」という言葉やら「商売人」という言葉やらで、苦悩し、自責し、忌避しつつ、独り、〔人々から〕遠離し、〔気づきを〕怠らず、熱情ある者となり、自己を〔刻苦〕精励する者として住していると、まさしく、長からずして、その義(目的)のために、良家の子息たちが、まさしく、正しく、家から家なきへと出家する、〔まさに〕その〔義〕である、無上のものを、梵行の終了を、まさしく、〔現に見られる〕所見の法(現法:現世)において、自ら、証知して、実証して、成就して、〔世に〕住みました。「生は滅尽し、梵行は完成された。為すべきことは為された。ここにあることのために、他〔の為すべきこと〕はない」と、証知しました。そして、まさに、尊者ナンダは、阿羅漢たちのなかの或るひとりと成りました。

 そこで、まさに、或るどこかの天神が、夜が更けると、見事な色艶となり、全面あまねくジェータ林を照らして、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に立ちました。一方に立った、まさに、その天神は、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、世尊とは兄弟でもあれば叔母の子でもある尊者ナンダは、諸々の煩悩の滅尽あることから、煩悩なき〔境地〕を、心による解脱を、知慧(般若・慧)による解脱を、まさしく、〔現に見られる〕所見の法(現世)において、自ら、証知して、実証して、成就して、〔世に〕住みます」と。世尊にもまた、まさに、知恵(智)が生起しました。「ナンダは、諸々の煩悩の滅尽あることから、煩悩なき〔境地〕を、心による解脱を、知慧による解脱を、まさしく、〔現に見られる〕所見の法(現世)において、自ら、証知して、実証して、成就して、〔世に〕住む」と。

 そこで、まさに、尊者ナンダは、その夜が明けて、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、尊者ナンダは、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、わたしのために、世尊は、五百の仙女カクダパーダたちを獲得するための保証人になられておられるわけすが、尊き方よ、わたしは、世尊を、この承諾から解き放ちます(なかったことにしてください)」と。「ナンダよ、わたしもまた、まさに、心をとおして、心を探知して、あなたのことを知りましたよ。『ナンダは、諸々の煩悩の滅尽あることから、煩悩なき〔境地〕を、心による解脱を、知慧による解脱を、まさしく、〔現に見られる〕所見の法(現世)において、自ら、証知して、実証して、成就して、〔世に〕住む』と。天神もまた、わたしに、この義(道理)を告げました。『尊き方よ、世尊とは兄弟でもあれば叔母の子でもある尊者ナンダは、諸々の煩悩の滅尽あることから、煩悩なき〔境地〕を、心による解脱を、知慧による解脱を、まさしく、〔現に見られる〕所見の法(現世)において、自ら、証知して、実証して、成就して、〔世に〕住みます』と。ナンダよ、まさに、あなたのばあい、〔何ものをも〕執取せずして、心は、諸々の煩悩から解脱したのですが、まさしく、それで、そのとき、わたしは、この承諾から解き放たれたのです」と。

 そこで、まさに、世尊は、この義(道理)を知って、その時に、この感興〔の言葉〕を唱えました。

 「彼が、〔貪欲の〕汚泥を超え出て、欲望の荊“いばら”を踏み敷いたなら、迷妄の滅尽(無知の消滅)を獲得した〔彼〕は、諸々の楽苦にたいし、動じることがない。彼は、比丘である」と。

 〔以上が〕第二〔の経〕となる。