小部経典

3:ウダーナ

3.3. ヤソージャの経(23)

 このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、サーヴァッティに住しておられます。ジェータ林のアナータピンディカ〔長者〕の園地において。さて、まさに、その時、ヤソージャを頂とする五百ばかりの比丘たちが、世尊と相見えるために、サーヴァッティに到着したのです。ここに、まさに、それらの来客の比丘たちは、在住の比丘たちと共に〔今回の出会いを〕喜び合いつつ、諸々の臥坐所を設置しつつ、諸々の鉢と衣料を処理しつつ、〔むやみやたらと〕高い声をあげ、大きな音をたてるのでした。

 そこで、まさに、世尊は、尊者アーナンダに語りかけました。「アーナンダよ、さてまた、漁師たちが魚を獲っているかと思うような、高い声をあげ、大きな音をたてる、これらの者たちは、誰なのですか」と。「尊き方よ、これらの者たちは、ヤソージャを頂とする五百ばかりの比丘たちで、世尊と相見えるために、サーヴァッティに到着したのです。それで、これらの来客の比丘たちは、在住の比丘たちと共に〔今回の出会いを〕喜び合いつつ、諸々の臥坐所を設置しつつ、諸々の鉢と衣料を処理しつつ、〔むやみやたらと〕高い声をあげ、大きな音をたてるのです」と。「アーナンダよ、それでは、まさに、わたしの言葉でもって、それらの比丘たちに語りかけなさい。『教師が、尊者たちに語りかけます(呼んでいます)』」と。 

 「尊き方よ、わかりました」と、まさに、尊者アーナンダは、世尊に答えて、それらの比丘たちのいるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、それらの比丘たちに、こう言いました。「教師が、尊者たちに語りかけます」と。「友よ、わかりました」と、まさに、それらの比丘たちは、尊者アーナンダに答えて、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、それらの比丘たちに、世尊は、こう言いました。

 「比丘たちよ、いったい、どうして、あなたたちは、漁師たちが魚を獲っているかと思うような、高い声をあげ、大きな音をたてるのですか」と。このように言われたとき、尊者ヤソージャは、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、これらの五百ばかりの比丘たちは、世尊と相見えるために、サーヴァッティに到着したのです。それで、これらの来客の比丘たちは、在住の比丘たちと共に〔今回の出会いを〕喜び合いつつ、諸々の臥坐所を設置しつつ、諸々の鉢と衣料を処理しつつ、〔むやみやたらと〕高い声をあげ、大きな音をたてるのです」と。「比丘たちよ、行きなさい(去りなさい)。あなたたちを追い出します。あなたたちは、わたしの現前に住すべきではありません」と。

 「尊き方よ、わかりました」と、まさに、それらの比丘たちは、世尊に答えて、坐から立ち上がって、世尊を敬拝して、右回り〔の礼〕を為して、臥坐所をたたんで、鉢と衣料を取って、ヴァッジー〔国〕のあるところに、そこへと遊行〔の旅〕に出ました。ヴァッジー〔国〕では、順次に遊行〔の旅〕を歩みながら、ヴァッグムダー川のあるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、ヴァッグムダー川の岸辺に、諸々の草庵を作って、雨期〔の滞在〕に入りました。

 そこで、まさに、雨期〔の滞在〕に入った尊者ヤソージャは、比丘たちに語りかけました。「友よ、世尊は、〔わたしたちの〕義(利益)を欲し、〔わたしたちの〕益を求め、慈しみの者として、慈しみを抱かれて、わたしたちを追い出したのです。友よ、さあ、わたしたちが〔雨期を〕住していると、世尊が、わが意を得た者となられるように、そのように、わたしたちは、〔雨期の〕住を営むのです」と。「友よ、わかりました」と、まさに、それらの比丘たちは、尊者ヤソージャに答えました。そこで、まさに、それらの比丘たちは、〔人々から〕遠離し、〔気づきを〕怠らず、熱情ある者たちとなり、自己を〔刻苦〕精励する者たちとして住していると、まさしく、その雨期の間に、まさしく、全ての者が、三つの明知(三明:宿命通・天眼通・漏尽通)を実証しました。

 そこで、まさに、世尊は、サーヴァッティにおいて、喜びのままに住して〔そののち〕、ヴェーサーリー〔市〕のあるところに、そこへと遊行〔の旅〕に出ました。順次に遊行〔の旅〕を歩みながら、ヴェーサーリー〔市〕のあるところに、そこへと至り着きました。そこで、まさに、世尊は、ヴェーサーリーに住しておられます。マハー林の二階建て堂舎(重閣講堂)において。

 そこで、まさに、世尊は、〔自らの〕心をとおして、ヴァッグムダー〔川〕の岸辺にいる比丘たちの心を探知して、〔彼らに〕意“おもい”を為して、尊者アーナンダに語りかけました。「アーナンダよ、わたしには、この方角が、光りを生じたかのように〔見えます〕。アーナンダよ、わたしには、この方角が、輝きを生じたかのように〔見えます〕。ヴァッグムダー〔川〕の岸辺にいる比丘たちが住している、〔まさに〕その方角においてです。〔そこに〕赴くことも、〔そこに〕意を為すことも、わたしにとって、〔けっして〕嫌なことではありませんでした。アーナンダよ、あなたは、ヴァッグムダー〔川〕の岸辺にいる比丘たちの現前に使者を送るのです。『教師が、尊者たちに語りかけます(あなたを呼んでいます)。教師が、尊者たちと相見えることを欲しています』」と。

 「尊き方よ、わかりました」と、まさに、尊者アーナンダは、世尊に答えて、或るひとりの比丘のいるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、その比丘に、こう言いました。「友よ、さあ、あなたは、ヴァッグムダー〔川〕の岸辺にいる比丘たちのところに、そこへと近づいて行きなさい。近づいて行って、ヴァッグムダー〔川〕の岸辺にいる比丘たちに、このように言いなさい。『教師が、尊者たちに語りかけます。教師が、尊者たちと相見えることを欲しています』」と。

 「友よ、わかりました」と。まさに、その比丘は、尊者アーナンダに答えて、それは、たとえば、また、まさに、力のある人が、あるいは、曲げた腕を伸ばすかのように、あるいは、伸ばした腕を曲げるかのように、まさしく、このように、マハー林の二階建て堂舎から消没し、ヴァッグムダー川の岸辺にいるそれらの比丘たちの前に出現しました。そこで、まさに、その比丘は、ヴァッグムダー〔川〕の岸辺にいる比丘たちに、こう言いました。「教師が、尊者たちに語りかけます。教師が、尊者たちと相見えることを欲しています」と。

 「友よ、わかりました」と。まさに、それらの比丘たちは、その比丘に答えて、臥坐所をたたんで、鉢と衣料を取って、それは、たとえば、また、まさに、力のある人が、あるいは、曲げた腕を伸ばすかのように、あるいは、伸ばした腕を曲げるかのように、まさしく、このように、ヴァッグムダー川の岸辺から消没し、マハー林の二階建て堂舎におられる世尊の面前に出現しました。さて、まさに、その時、世尊は、不動の〔心の〕統一によって坐しておられたのです。そこで、まさに、それらの比丘たちは、こう思いました。「まさに、世尊は、今現在、どのような住(状態)によって住しているのだろう」と。そこで、まさに、それらの比丘たちは、こう思いました。「まさに、世尊は、今現在、不動の住によって住している」と。まさしく、全ての者が、〔世尊と同じく〕不動の〔心の〕統一によって坐しました。

 そこで、まさに、尊者アーナンダは、夜が更け、初更(宵の内)を過ぎると、坐から立ち上がって、一つの肩に上衣を掛けて、世尊のおられるところに、そこへと合掌を手向けて、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、夜が更け、初更を過ぎました。来客の比丘たちは、長らく坐しています。尊き方よ、世尊よ、来客の比丘たちと、〔今回の来訪を〕喜び合ってください」と。このように言われたとき、世尊は、沈黙したままでした。

 再度また、まさに、尊者アーナンダは、夜が更け、中更(真夜中)を過ぎると、坐から立ち上がって、一つの肩に上衣を掛けて、世尊のおられるところに、そこへと合掌を手向けて、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、夜が更け、中更を過ぎました。来客の比丘たちは、長らく坐しています。尊き方よ、世尊よ、来客の比丘たちと、〔今回の来訪を〕喜び合ってください」と。このように言われたとき、再度また、まさに、世尊は、沈黙したままでした。

 三度また、まさに、尊者アーナンダは、夜が更け、後更(明け方)を過ぎると、坐から立ち上がって、一つの肩に上衣を掛けて、世尊のおられるところに、そこへと合掌を手向けて、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、夜が更け、後更を過ぎました。来客の比丘たちは、長らく坐しています。尊き方よ、世尊よ、来客の比丘たちと、〔今回の来訪を〕喜び合ってください」と。

 そこで、まさに、世尊は、その〔心の〕統一から出起して、尊者アーナンダに語りかけました。「アーナンダよ、それで、もし、まさに、あなたが、たとえ、これだけでも知っているなら、あなたに答えなくてもいいのですが。アーナンダよ、わたしと、これらの五百の比丘たちと、まさしく、全ての者が、不動の〔心の〕統一によって坐していました」と。

 そこで、まさに、世尊は、この義(道理)を知って、その時に、この感興〔の言葉〕を唱えました。

 「彼が、罵倒と、殴打と、結縛と、欲望の荊に勝利したなら、彼は、山のように安立し、〔心が〕不動で、諸々の楽苦にたいし、動じることがない。彼は、比丘である」と。

 〔以上が〕第三〔の経〕となる。