小部経典

3:ウダーナ

3.6. ピリンダヴァッチャの経(26)

 このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、ラージャガハ(王舎城)に住しておられます。ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパ(竹林精舎)において。さて、まさに、その時、尊者ピリンダヴァッチャが、比丘たちのことを、「賤民」という言葉で呼び慣わします。そこで、まさに、大勢の比丘たちは、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、それらの比丘たちは、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、尊者ピリンダヴァッチャが、比丘たちのことを、『賤民』という言葉で呼び慣わします」と。

 そこで、まさに、世尊は、或るひとりの比丘に語りかけました。「比丘よ、さあ、あなたは、わたしの言葉でもって、ピリンダヴァッチャ比丘に語りかけなさい。『友よ、ピリンダヴァッチャよ、教師が、あなたに語りかけます(あなたを呼んでいます)』」と。「尊き方よ、わかりました」と。まさに、その比丘は、世尊に答えて、尊者ピリンダヴァッチャのいるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、尊者ピリンダヴァッチャに、こう言いました。「友よ、ピリンダヴァッチャよ、教師が、あなたに語りかけます」と。

 「友よ、わかりました」と。まさに、尊者ピリンダヴァッチャは、その比丘に答えて、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、尊者ピリンダヴァッチャに、世尊は、こう言いました。「ヴァッチャよ、本当に、たしかに、あなたは、比丘たちのことを、『賤民』という言葉で呼び慣わしたのですか」と。「尊き方よ、そのとおりです」と。

 そこで、まさに、世尊は、尊者ピリンダヴァッチャの過去の居住(前世)に意を為して、比丘たちに語りかけました。「比丘たちよ、まさに、あなたたちは、ヴァッチャ比丘を譴責してはいけません。比丘たちよ、ヴァッチャは、怒りを内にして、比丘たちのことを、『賤民』という言葉で呼び慣わすのではありません。比丘たちよ、ヴァッチャ比丘の五百の生が、途切れることなく、婆羅門の家系に生まれ落ちたのです。〔まさに〕その、彼の『賤民』という言葉は、長夜にわたり、呼び慣わされてきたものです。それで、このヴァッチャは、比丘たちのことを、『賤民』という言葉で呼び慣わすのです」と。

 そこで、まさに、世尊は、この義(道理)を知って、その時に、この感興〔の言葉〕を唱えました。

 「彼のうちに、幻想“ごまかし”が住みつかず、思量“おもいあがり”が〔住みつか〕ないなら――彼が、貪欲を離れ、我執なく、願望なく、忿怒を除き、自己が寂滅した者であるなら――彼は、婆羅門である――彼は、沙門である――彼は、比丘である」と。

 〔以上が〕第六〔の経〕となる。