小部経典

3:ウダーナ

3.7. 帝釈〔天〕の布施の経(27)

 このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、ラージャガハに住しておられます。ヴェール林のカランダカ・ニヴァーパにおいて。さて、まさに、その時、尊者マハーカッサパは、ピッパリ窟に住しておられます。七日のあいだ、結跏一つで坐しておられたのです。或る一つの〔心の〕統一に入定して。そこで、まさに、尊者マハーカッサパは、その七日が過ぎて、その〔心の〕統一から出起しました。そこで、まさに、尊者マハーカッサパは、その〔心の〕統一から出起したとき、こう思いました。「それなら、さあ、わたしは、ラージャガハに〔行乞の〕食のために入ろうか」と。

 さて、まさに、その時、五百ばかりの天神たちが、〔法ならざる余計な〕思い入れを起こしたのです。尊者マハーカッサパが、〔行乞の〕施食を得ることに。そこで、まさに、尊者マハーカッサパは、それらの五百ばかりの天神たち〔の法ならざる施し〕を拒絶して、早刻時に、着衣して鉢と衣料を取って、ラージャガハに〔行乞の〕食のために入りました。

 さて、まさに、その時、天〔の神々〕たちの長である帝釈〔天〕は、尊者マハーカッサパに〔行乞の〕施食を施すことを欲し、機織職人の姿に化作して、機を織ります。阿修羅の娘のスジャー(帝釈天の妻)は、梭“ひ”(シャトル)を〔糸で〕満たします。そこで、まさに、尊者マハーカッサパは、ラージャガハを歩々淡々と〔行乞の〕食のために歩みながら、天〔の神々〕たちの長である帝釈〔天〕の住居のあるところに、そこへと近づいて行きました。まさに、天〔の神々〕たちの長である帝釈〔天〕は、尊者マハーカッサパが、はるか遠くからやってくるのを見ました。見て、家から出て〔尊者を〕出迎えて、手から鉢を収め取って、家に入って櫃から飯を取り出して、鉢を満たして、尊者マハーカッサパに施しました。その〔行乞の〕施食は、無数の汁があり、無数の香味があり、無数の味と香味があったのです。そこで、まさに、尊者マハーカッサパは、こう思いました。「彼に、このような形の、この神通の威力があるとは、まさに、この有情は、いったい、誰なのか」と。そこで、まさに、尊者マハーカッサパは、こう思いました。「まさに、この者は、天〔の神々〕たちの長である帝釈〔天〕だ」と。かくのごとく知って、天〔の神々〕たちの長である帝釈〔天〕に、こう言いました。「コーシヤ(帝釈天)さん、まさに、これは、あなたが為したことですね。二度ともう、このような形のことを為してはいけません」と。「尊き方よ、カッサパよ、わたしたちにとってもまた、功徳〔を積むこと〕が、義(必要)となります。わたしたちにとってもまた、功徳〔を積むこと〕が、義務となります」と。

 そこで、まさに、天〔の神々〕たちの長である帝釈〔天〕は、尊者マハーカッサパを敬拝して、右回り〔の礼〕を為して、宙に舞い上がって、虚空において、空中において、三回、感興〔の言葉〕を唱えました。「ああ、布施が、最高の布施が、カッサパにおいて見事に確立した」「ああ、布施が、最高の布施が、カッサパにおいて見事に確立した」「ああ、布施が、最高の布施が、カッサパにおいて見事に確立した」と。まさに、世尊は、人間を超越した清浄の天耳の界域によって、天〔の神々〕たちの長である帝釈〔天〕が、宙に舞い上がって、虚空において、空中において、三回、感興〔の言葉〕を唱えているのを聞きました。「ああ、布施が、最高の布施が、カッサパにおいて見事に確立した」「ああ、布施が、最高の布施が、カッサパにおいて見事に確立した」「ああ、布施が、最高の布施が、カッサパにおいて見事に確立した」と。

 そこで、まさに、世尊は、この義(道理)を知って、その時に、この感興〔の言葉〕を唱えました。

 「〔行乞の〕施食の者(托鉢行者)として自己を養い、他者からの扶養なき比丘(自主独立の自己確立者)――寂静にして常に気づきある者――そのような者を、天〔の神々〕たちは羨む」と。

 〔以上が〕第七〔の経〕となる。