小部経典

3:ウダーナ

3.9. 技能の経(29)

 このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、サーヴァッティに住しておられます。ジェータ林のアナータピンディカ〔長者〕の園地において。さて、まさに、その時、食事のあと、〔行乞の〕施食から戻り、円形堂に集まって坐っている、大勢の比丘たちに、この〔暇つぶしの〕合間の議論が起こりました。「友よ、いったい、まさに、誰が、技能を知っているのだろう。誰が、どのような技能を、学んでいるのだろう。諸々の技能のなかでは、どの技能が、至高のものとなるのだろう」と。

 そこで、一部のたちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、象の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、馬の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、車の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、弓の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、剣の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、暗算の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、計算の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、数学の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、書写の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、詩作の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、処世の技能が、至高のものとなる」と。一部の者たちは、このように言いました。「諸々の技能のなかでは、政治学の技能が、至高のものとなる」と。それでも、それらの比丘たちの、この〔暇つぶしの〕合間の議論は終わることがなかったのです。

 そこで、まさに、世尊は、夕刻時に、坐禅から出起され、円形堂のあるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、設けられた坐に坐られました。坐られて、まさに、世尊は、比丘たちに語りかけました。「比丘たちよ、ここで、今現在、いったい、どのような議論のために、集まって坐っているのですか。そして、また、終わることがなかった、あなたたちの〔暇つぶしの〕合間の議論とは、どのようなものですか」と。

 「尊き方よ、ここで、食事のあと、〔行乞の〕施食から戻り、円形堂に集まって坐っている、わたしたちに、この〔暇つぶしの〕合間の議論が起こりました。『友よ、いったい、まさに、誰が、技能を知っているのだろう。誰が、どのような技能を、学んでいるのだろう。諸々の技能のなかでは、どの技能が、至高のものとなるのだろう』と。

 そこで、一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、象の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、馬の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、車の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、弓の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、剣の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、暗算の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、計算の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、数学の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、書写の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、詩作の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、処世の技能が、至高のものとなる』と。一部の者たちは、このように言いました。『諸々の技能のなかでは、政治学の技能が、至高のものとなる』と。尊き方よ、まさに、これが、終わることがなかった、わたしたちの〔暇つぶしの〕合間の議論です。そのとき、世尊がおいでになったのです」と。

 「比丘たちよ、良家の子息たちとして、信によって家から家なきへと出家した、あなたたちにとって、まさに、このことは、ふさわしいことではありません。すなわち、あなたたちが、このような形の議論を議論することです。比丘たちよ、あなたたちが集まったときには、二つの為すべきことがあります――あるいは、法(教え)の議論であるか、あるいは、聖なる沈黙の状態であるか、です」と。

 そこで、まさに、世尊は、この義(道理)を知って、その時に、この感興〔の言葉〕を唱えました。

 「技能によって生きる者ではなく、〔心が〕軽やかで、義(道理)を欲する者――〔感官の〕機能を制し、一切所において解脱した者――家なくして行き、我執なく、願望なく、思量を捨棄して、独り歩む者――彼は、比丘である」と。

 〔以上が〕第九〔の経〕となる。