小部経典

3:ウダーナ

4.3. 牛飼いの経(33)

 このように、わたしは聞きました。或る時のことです。世尊は、コーサラ〔国〕で、大勢の比丘の僧団と共に、遊行〔の旅〕を歩んでおられます。そこで、まさに、世尊は、道から外れて、或るどこかの木の根元のところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、設けられた坐に坐られました。

 そこで、まさに、或るひとりの牛飼いが、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、その牛飼いに、世尊は、法(真理)の講話によって、〔真理を〕見示し、受持させ、〔あるいは〕激励し、歓喜させました。

 そこで、まさに、その牛飼いは、世尊の法(真理)の講話によって、〔真理を〕見示され、受持させられ、〔あるいは〕激励され、歓喜させられ、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、世尊よ、明日、わたしの食事を、比丘の僧団と共に、お受けください」と。世尊は、沈黙の状態をもって、お受けになりました。そこで、まさに、その牛飼いは、世尊がお受けすることを知って、坐から立ち上がって、世尊を敬拝して、右回り〔の礼〕を為して、立ち去りました。

 そこで、まさに、その牛飼いは、その夜が明けると、自らの住居において、沢山の水気の少ない〔濃厚な〕粥を準備して、さらには、新鮮な酥(バター)を〔準備して〕、世尊に、時を告げました。「尊き方よ、時間です。食事ができました」と。

 そこで、まさに、世尊は、早刻時に、着衣して鉢と衣料を取って、比丘の僧団と共に、その牛飼いの住居のあるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、設けられた坐に坐られました。そこで、まさに、その牛飼いは、覚者を頂とする比丘の僧団を、水気の少ない〔濃厚な〕粥で〔満足させ〕、さらには、新鮮な酥で満足させ、自らの手で給仕しました。そこで、まさに、その牛飼いは、世尊が食事を終え、鉢から手を離すと、或るどこかの下坐を収め取って、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、その牛飼いに、世尊は、法(真理)の講話によって、〔真理を〕見示し、受持させ、〔あるいは〕激励し、歓喜させて、坐から立ち上がって、立ち去りました。そこで、まさに、世尊が立ち去ったあと、長からずして、その牛飼いを、或るひとりの男が、〔村の〕境界付近で〔襲い〕、生命を奪いました。

 そこで、まさに、大勢の比丘たちが、世尊のおられるところに、そこへと近づいて行きました。近づいて行って、世尊を敬拝して、一方に坐りました。一方に坐った、まさに、それらの比丘たちは、世尊に、こう言いました。「尊き方よ、その牛飼いによって、今日、覚者を頂とする比丘の僧団は、水気の少ない〔濃厚な〕粥で〔満足させられ〕、さらには、新鮮な酥で満足させられ、自らの手で給仕されたのですが、尊き方よ、その牛飼いが、どうやら、或るひとりの男に、〔村の〕境界付近で〔襲われ〕、生命を奪われたらしいのです」と。

 そこで、まさに、世尊は、この義(道理)を知って、その時に、この感興〔の言葉〕を唱えました。

 「敵が敵に、あるいは、また、怨みある者が怨みある者に、為すであろう、〔まさに〕その、〔悪しき〕こと――それよりも、より悪しきことを、誤った〔思い〕に向けられた心は、彼に為すであろう」と。

 〔以上が〕第三〔の経〕となる。